俵谷(石徹白)


平成13年(2001年)8月25日

TOP PAGEへ TOP PAGE へ 沢登りの部屋へ 沢の部屋へ戻る  



平成13年(2001年)8月25日 


核心部2つ目の10m滝


核心部のスラブ滝でシャワークライミング
石徹白ダムは工事通行止めだったが、第1関門突破。
俵谷の林道を進み、新しい堰堤の手前で道路が崩壊。
その手前に駐車。堰堤の上を7時52分に出発。
うるさいアブの姿がなく、第2関門通過。

絶壁の滝を左手に見ながら通過。8時29分に
標高870mの二俣。いよいよ核心部の始まりである。
最初の滝は大岩の右上を巻く。2段8m滝は右(左岸)
から高巻き。次の10m滝は左から高巻く。下りた
地点からスラブ滝の連続で、ザイルに助けられて
シャワークライミング。

標高950m付近の15m滝は左枝沢を使って高巻く。
ナメ、溝状小滝、12m滝、スラブ滝、お釜・小滝群と
次々に出現。右から入り口に8m滝を持つ支沢。
少し行くと黒々とした6m滝。少し早いが滝の下で
昼食となる。     <昼食 11:12〜11:52>

核心部最後の15m滝

昼食後、少し戻って右岸のナメ状の支沢を
登り詰める。途中で水汲み。尾根が低く
次第にヤブこぎになる。

稜線に出ると根曲がり竹が多く、実に歩きにくい。
13時50分に標高1393mピーク。そのまま
尾根を進む。これが失敗だった。猛ヤブで
進行方向に迷い、現在地点を何回となく
確認するはめに。

標高1226mピークから右斜面に入ってしまう。
そのまま急な斜面を下り続けると水流。
さらに下ると標高1393mからの沢に合流。
結局、1393mピークからそのまま沢を
下ればよかったのである。

途中に岳人倶楽部の記録集「越の谷」に
書いてある通り6m滝。ここは左(左岸)から
高巻いて下りることができる。

見覚えある林道には17時到着。下りの
ヤブこぎを少し甘く見ていたようだ。

休憩後、車を取りに戻り、着替えを済ませて
そのまま帰路につく。帰りも工事中石徹白
ダムを通り抜け、福井には19時15分到着。

TOPに戻る


TOP PAGE に戻る TOP PAGE に戻る 沢の部屋へ 沢の部屋へ戻る
QLOOKアクセス解析 inserted by FC2 system